グループソアリングセミナーレポート

オギーことアエロタクト社の扇澤郁さまをお招きして、5月26日~29日の日程で開催したセミナーの報告をさせていただきます。
まず、このようなセミナーへのご協力を引き受けていただきましたアエロタクト様、遠路富山からお越しいただきました扇澤様に感謝申し上げます。

今回のセミナーを発案した理由は6月末より扇澤さんと栂池パラグライダースクールさんとバーズメンバー総勢16名でスロベニアツアーを開催するのですが、スロベニアは10km以上にも続くリッジを取りながらダイナミックなフライトが簡単にできるようです。そんなにいい条件のところへ飛びに行くのなら、ツアー参加者にはぜひスロベニアを満喫していただきたい!
・・・でも、みんなが好き勝手に10km以上の範囲を飛び回るのってリスクがあるよね。
・・・心配・・・
んじゃ、ということでグループでフライトしてみんなで安全を確認しながら、みんなで遠くを目指せば、より楽しいし、無理だと感じている方でもグループなら達成できるかもしれないということでグループソアリングについて皆さんに考えるきっかけになればと思い企画しました。
グループソアリングというと何か特別なことのように思う方がいらっしゃいますが、実はそうではありません。グループソアリングは、パラグライダーの大会やクロスカントリーにはとても重要なことです。では、普段のフライトにおいいてグループソアリングは必要ないかというとそうではありません。ぶっ飛びだけのフライトばかりをする人には必要ないかもしれませんが、ホームエリアにおいても、少しでも長く、高く、ソアリングしたいと思っている方にはぜひグループソアリングを意識していただくことでフライトのスキルアップができると思います。
今回のセミナーに参加された方もそうでない方も、ぜひ、グループで飛ぶということを意識していただけるようになれば、今回のセミナーの意義があり、とてもうれしく感じます。

26日・・・予定しておりました初日は雨と強風予報でしたので、前日に中止発表・・・しかし、実際にふたを開けてみるととてもいい天気、もしかしたら飛べるような弱めの風が吹いている時間帯もありましたのでOさんにお越しいただきましたが、やはり飛べるタイミングは少なくフライトは断念。扇澤さんとのパラ談義とスロベニアツアーのエリアをグーグルアースで見たりして解散となりました。

27日・・・この日も朝まで雨で北風強めの予報・・・参加者の皆さんでスロベニアツアー参加の方には、扇澤さんにスロベニアのフライト方法をレクチャーしていただきました。
11時からは八木エリアに移動してリバースなど強めの風対策の練習を行いました。扇澤さんよりリバースライズアップの個人レッスンを受けた方もおられとても有意義な練習となりました。
IMG_8745[1]

IMG_8800[1]

IMG_8756[1]

IMG_8760[1]

IMG_8777[1]

28日・・・弱めの北西予報です。しかし、予報では曇り時々晴れだったはずが湿っぽい感じです。扇澤さんファンのYさんIさんなどは朝錬からどんどんフライト。なんと5本も飛んだ方もおられました。しかし、グループソアリングセミナーに必要なサーマルのできる気配は全くありません。時間を使って野外着陸講習を行ったり、扇澤さんのスロベニアのエリアレクチャーをして午前中を過ごしますが、サーマルの発生どころか雨まで降ってくる始末・・・。
グループソアリングは出来ませんでしたが、穏やかフライトのあと、BBQでグループの仲間意識は深めていただけました。
image

IMG_8812[1]

IMG_8811[1]

29日・・・昨日の雨の影響で霧が発生。久しぶりに雲海が発生して、朝錬参加のスクールさんは雲海フライトができました。
セミナーの方がお集まりになられるころには日差しもしっかりと注いでいます。しかし、予報では15時ごろから雨が降る予報。雨の降る前に曇りの空域に覆われてはサーマルの発生も弱くなることなので、今日の目標は南東の風に吹かれてあげながら風下に流して、八木町の手前にある青色の橋と緑色の橋の間にある広い河原へ野外着陸することに決定。
あとはテイクオフでタイミングを待つだけです。

11時ごろ、日照は十分にありますが東風で煙が地面をはっているのが見える中、扇澤さんがテイクオフしますがサーマルはまだ発生していないようです。
パラパークには日照があるのですが西の遠くの空には黒い雲が見えます。雨雲レーダーで見ると岡山のほうでは雨が降りだしているようです。あの雲に覆われて雨が降りだすのも時間の問題です。サーマルが出るのが先か、雲に覆われて熱はがなくなるか、また、雨に降られるか・・・いずれにしても、早くサーマルが出てくれないとグループソアリングはむつかしくなります。

まだサーマルは出ているかどうかわかりませんが、切り込み隊長のYさんとOさん、そしてTさんが準備し始めます。曇りの空域が来る前に飛ばないとチャンスが生かせないという判断だそうです。
一番手、Yさんがテイクオフしますが東風の影響でシンクにつかまりどんどん下がります。しかし、沖に出た時にサーマルにあたっている動き!テイクオフではサーマルをとらえてほしいと固唾をのんで見守ります。2,3週まわすと上がり始めます。それに続けとOさんもテイクオフ。OさんはYさんが上がっているところを目指します。その手前からサーマルにあたったこともあり余裕でYさんと合流。無線で情報も送ってくれてグループソアリングっぽくなってきました。
三番手Tさんもテイクオフ、しかし、サーマルが渋くなってきています。雲が日照を遮り始めました。

Iさんと扇澤さんも準備し、飛んでサーマルを目指しますが弱い上昇と流される量の多いフライトでゴール方向へ目指します。
それを見てみんなも一斉に準備し、テイクオフは大会さながらのあわただしさとなります。

そのころ、一番高度の高いYさんとOさんのお二人は上空でもサーマルがなくなってきたのを感じて、ゴールを目指すと無線が入りました。Tさんも低いですが一緒にゴールを目指しました。そして何とか3人は目的地の河原に到達されました。

分厚い雲に覆われた影響でサーマルは途絶えてしまい、Iさんと扇澤さんは途中で野外着陸。その他の参加者のみなさんはメインランディングに降りるということになりました。

今回のセミナーではコンディションが非常に限られたチャンスでしたが、それを生かしてゴールしてくださった方がいてよかったです。
みんなでそのログを見て、成功された方の判断などの秘訣を聞いて、セミナー終了となりました。
今回のセミナーへたくさんの方のご協力とご参加ありがとうございました。次のフライトよりグループソアリングを意識していただけると幸いです。
DSC00767

DSC00771

DSC00774

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

TOP
目次
閉じる