Q&A

どれくらいの時間フライトできますか?

470mタンデムの場合
穏やかな気流であるときは10分前後フライトできます。なお、上昇気流が出ている場合は、20分程飛べる時もあります。
チャレンジコース、プチチャレンジコースの場合
数秒、高度差5m以下を浮遊体験できます。風が良ければ直線距離100mほど飛べる時があります。風と走り方がキーポイントとなります。

高所恐怖症ですが大丈夫ですか?

実はパイロットの中にも、高所恐怖症だという方は少なくありません。ビルの屋上から下を覗き込むとぞっとします。ただ、フライト前はかなり怖かったという高所恐怖症の方も、いざ飛んでしまうと意外や大丈夫という方が多いと思います。

危険はありますか?

自然相手で、動力を持たないで飛ぶパラグライダーですので、それ相応のリスクはあります。そのためインストラクターは、気象条件やフライト条件を観察し、お客様にリスクがあるような場合には、フライトを行いません。よって、事故や怪我の可能性は非常に低いと言えます。それと同時にバーズスタッフは毎年行われるインストラクター対象のセイフティーセミナーに参加し、積極的に安全性を高める努力を行っております。

どれくらいの高さを飛べますか?

470mタンデムの場合、テイクオフ(離陸場)は、亀岡盆地北東部にある三郎が岳山頂付近の標高580mにあります。上昇気流がない穏やかな気流では、この高さからランディングへと向かう形になりますが、上昇気流がある場合は、その上昇風に乗って、場合によっては標高1000m、1500mオーバーの高さまで上がることも出来ます。
なお、視界のいい日には、京都市内、六甲山、梅田高層ビル群、琵琶湖、果ては淡路島まで臨むことも可能です。
(※季節や気象条件によって、その日上昇できる高度には大きな違いがありますのでご了承下さい。)

乗り物酔いしやすいのですが?

パラグライダーは車などと違い、3次元空間を移動しますので、乗り物酔いしやすいと言えます。また、山へ上がる車も、結構ハードな林道を走行しますので、車酔いしやすい人には、少し厳しいかもしれません。
当方では、乗り物酔いしやすい方の場合には、車に乗車して頂く位置や運転について配慮し、また、フライト時のパラグライダーの操縦についても、できるだけ揺れがないよう努めておりますが、心配な方はスタッフまでお申し出てください。
と同時に、酔い止め薬を事前に服用される事をお勧め致します。

運動が苦手なんですが、大丈夫ですか?

パラグライダーの離陸には、「凄まじいダッシュ力」が必要だと思われる方が多いようですが、昨今はグライダーも進歩し、風がしっかりある場合だと、ほとんど走って頂かなくても離陸することが出来ます。
適正体重以下の方は、軽いランニング程度のスピードで数メートル走れれば、全く問題はありませんので、ご安心下さい。
体重が80㎏以上ある方や不安な方は事前に事前にお申し出ください。

何歳からフライトできますか?また高齢なのですが大丈夫ですか?

◆470mタンデムの場合
飛びたいというご本人とご両親のお気持ちがあれば4歳以上のお子様でも全く問題なくフライトできます。
また、高齢の方でも、軽いランニング程度のスピードで数メートル助走できれば、全く問題なくフライトできます。
なお、お子様、ご高齢者のフライトの際は、スタッフによる助走補助・危険防止の為のテイクオフサポートも致しますのでご安心下さい。
◆チャレンジコース、プチチャレンジコースの場合
体重が25kg以上、小学5年生以上の方が理想です。
チャレンジコースでは8㎏前後の機材を担いで丘を登り、斜面を駆け降りるという運動を行います。少しハードな運動を伴いますので、高齢の方の場合、健康で走れる方が理想です。元気に自信のある年配の方もたくさん飛んでおられます。

空中で写真撮影などは出来ますか?

ご自身のカメラで写真撮影をして頂く事も可能です。当方では、落下防止用のコンパクトデジカメ用ホルダーもご用意できます。
(※ただし、万が一のテイクオフ・ランディング時の衝撃などによる破損については、当方では責任を負えませんので、自己責任でお願い致します。)
なお、パイロットがフライト中に撮影した写真をfacebookやメール経由で無料プレゼントしております。

フライトできる体重はどれ位の範囲ですか?

入門コース以上の単独フライトを目指す方は20kg位から90kg位まで大丈夫です。
タンデムの場合 10㎏~80㎏が理想ですが、走れる方は80㎏を越えていても大丈夫です。
チャレンジ、プチチャレンジを含むコースに関しては20㎏~80㎏が理想です。
なお、いずれのコースも、レンジ下限、上限に近い方については、ご予約時に一度ご相談下さい。

健康保険証を持っていないのですが・・・

お持ちでなくても参加可能ですが、万が一に備えてコピーでもかまいませんのでお持ちください。なお、ご提示は不要です。

外国人の友達も参加できますか?

外国人旅行者の方は海外旅行保険の加入が原則です。
日本企業にお勤めの外国人の方は日本語が話せることが理想です。
また、フライトにあたっての事前説明などは簡単な日常会話程度の英語であれば対応できます。過去に外国人の方の470mからの単独フライトをサポートさせていただいたという実績はあります。

雨の日や、風の強い日にフライトすることは出来ますか?

雨の日や風の強い日には、残念ながらフライトすることは出来ません。
ご予約頂いている日の天気予報が悪いような場合は、前夜7時以降にご登録いただきましたご連絡先へお電話にて状況をご説明致します。自然現象次第ではたとえ天気が良くても飛べないこともございます。ご不安な場合は事前にお問い合わせください。

グループで、それぞれやりたいことが違うのですが…

集合時間や集合場所が変わる場合がありますが、お待ちいただいている方は見学や写真やビデオ撮影などでそばで見ることもできます。できる限り対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

人数変更やキャンセルについて教えてください。

ご予約が完了しますと、同じ時間帯には他のお客様からのご予約をお断りしております。そのため人数変更やご都合がつかなくなられた際にはできるだけ早くお知らせください。
気象条件とお客様の体調と精神状態が良い状態でパラグライダーを楽しんでいただきたい方針ですので、前日の23時までにご連絡をいただきましたキャンセルについてはキャンセル料はいただいておりません。
ご連絡をいただくことなくキャンセルをされた場合には100%のキャンセル料をご請求させていただきますので予めご了承ください。

駐車場や更衣室はありますか?

西京都パラグライダー練習場に10台、パラパーク京都には30台駐車できます。
更衣室はパラパーク京都にはログハウスがございますが、西京都パラグライダー練習場では車やお手洗いで着替えができます。

希望の時間を指定できますか?

できる限りご希望に沿うようにさせていただきますが、チャレンジでは朝のほうが飛べる確率が高いですのでお勧めします。タンデムコースについては、平日であればご希望の時間のご予約がとりやすくなっております。いずれもお申し込み時にお問い合わせください。

服や靴のレンタルはありますか?

寒い場合にはフライトスーツを無料レンタルしております。チャレンジコースなどの汗をかく場合の服のレンタルはありません。着替えやタオルなどのご準備をお願いします。また、靴のレンタルも基本的にできませんので、必ず運動靴か登山靴でご参加ください。

パラグライダーを続けてみたいのですが、費用はどれくらいかかりますか?

まずは入門コースをオススメします。
必要な機材はレンタルで、パラグライダーの基礎を学べます。
入門コース詳細はこちら
なんとU25学生さんは大幅に値下げしておりますので大変お得です!
その後はご自身の機材を購入していただく形となりますが、本格的に飛びたくなられた時にスタッフへお問い合わせください。

このページの先頭へ